2016年07月27日

羽ばたけパタ崎さん ゆるキャラGP名乗り【河北新報オンラインニュース2016年7月27日】(マガン/蕪栗沼/化女沼/ラムサール条約)

パタ崎さん(中央)を「全国区の人気者に」と開かれた出陣式
拡大写真
 宮城県大崎地方で絶大な人気を誇る市のイメージキャラクター「パタ崎さん」が、10月に松山市で開かれる「ゆるキャラグランプリ2016」に名乗りを上げた。22日に大崎市役所であった出陣式には市職員や夏休み中の幼稚園児ら100人が駆け付け、「パタ崎さん、頑張って」と声援を送った。
 伊藤康志市長が応援のマイクを握り「今や、ゆるキャラは地域振興の主役。パタ崎さんを、松山市での決選投票に送り出そう」と呼び掛けた。「大崎の魅力をリュックに詰めて、日本中をパタパタ飛び回るよ」とのパタ崎さんの決意を、市産業政策課の職員が代読した。
 パタ崎さんは13〜15年の「ゆるキャラグランプリ」にもひそかにエントリーしたが、組織票を持たぬ悲しさで500〜800位台と低迷。1市6町の合併で大崎市が誕生して10周年の今年、「これほどの人気者を地方に埋もれさせておくのは惜しい」と、市がバックアップに乗り出した。
 パタ崎さんは、市内のラムサール条約登録湿地の蕪栗沼や化女沼に飛来するマガンがモデル。大崎のおいしい食べ物と温泉が気に入り、シベリアに帰るのをやめて「みやぎ大崎ふつふつ共和国」の広報大臣に就任した−という設定だ。
 背中の赤いリュックには米どころを象徴するおにぎり、名産のしそ巻き、野菜類のぬいぐるみが入っていて、子どもたちがいつも中を探っている。
 市産業政策課は「今後、引き合いがあればどんなメディアにも顔を出す。ゆるキャラグランプリの公式サイトから1日1回、パタ崎さんに投票してほしい」と呼び掛けている。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160727_13001.html

posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: