2016年07月27日

カイツブリお母さん警戒中 イタチ出没の米子水鳥公園でひな誕生【産経ニュース2016年7月27日】(既報関連ソースあり)

 鳥取県米子市の米子水鳥公園で、イタチを警戒しながら水鳥カイツブリが浮巣(うきす)で温めていた卵がかえり、ひな1羽が姿を現した。ひなは今後、次々に生まれる見込み。

 同公園では今季、子育て中とみられるチョウセンイタチが出没。カルガモの卵やひなが犠牲となり、カイツブリも心配されていた。

 ひなは25日、イタチの通り道にある浮巣で誕生。「ホッとしました。親鳥がイトトンボのヤゴをエサとしてひなに与えていました」と桐原佳介・主任指導員は話す。この日は、別の浮巣でもひな1羽を確認した。

 カイツブリは頭部が黒く、赤褐色の頬の白い線が特徴。潜水が得意な小型の水鳥で全長25センチ。現在、公園内の5カ所で抱卵しており、間もなく誕生ラッシュとなりそう。イタチは最近、水辺に姿を見せていないという。
http://www.sankei.com/region/news/160727/rgn1607270014-n1.html

http://archive.is/Nj3Bb
水鳥カイツブリVS天敵イタチ!…子育て対決でにらみ合い 鳥取・米子水鳥公園【産経WEST2016年7月14日】

タグ:カイツブリ
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: