2016年07月31日

高山村で熊の親子目撃 伊那や箕輪でも出没【信濃毎日新聞2016年7月31日】(野鳥撮影中)

 30日午後1時前、上高井郡高山村奥山田の村道で、山林内から出て来た2頭の熊を、日本野鳥の会長野支部幹事の玉木征幸さん(71)=長野市=が撮影した。玉木さんは27、29日にも付近で熊を目撃し、須坂署に通報。同署は村などに連絡し、注意を呼び掛けている。

 玉木さんによると、30日は野鳥の撮影のために山田温泉キッズスノーパーク北側の村道を車で走行中、前方に熊を見つけ、車内から撮影した。熊は親子とみられる。付近に民家などはなく、村道の交通量は多くないという。玉木さんは「短期間に続けて熊を見たのは初めて」と驚いていた。

 伊那市では30日午前10時ごろ、同市ますみケ丘の伊那西小学校西側の市道沿いに熊1頭がいるのを車で走っていた人が目撃し、市に通報した。市耕地林務課によると、付近にトウモロコシ畑があり、食べに来ていた可能性があるという。同日昼には、上伊那郡箕輪町の富田と木下一の宮の間にある林の中で付近の住民が熊を見つけ、町に通報した。29日夕方には伊那市小沢の林の近くで、カブトムシ捕りに来ていた親子が熊1頭を見つけ、市に通報した。

 両市町は安全・安心メールや防災無線で住民に注意を呼び掛けている。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160731/KT160730FTI090002000.php

http://archive.is/pRt1u

posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: