2016年08月01日

タンチョウの給餌量2割減に/釧路管内【釧路新聞2016年7月31日】(既報関連ソースあり)

  国の特別天然記念物タンチョウの生息地分散化のため、環境省は釧路管内の3カ所で実施している給餌事業について、今年度の給餌量を2014年度比で2割減の2万832`とすることを決めた。必要最小限の給餌となるよう阿寒給餌場の1日当たりの量も、今後調整していくほか、タンチョウによる農業被害が集中している鶴居村での対策を、関係者が検討する車座会議も開催するとしている
http://www.news-kushiro.jp/news/20160731/201607312.html

http://archive.is/bmIFA
環境省がタンチョウ保護増殖終了方針 給餌「将来的に全廃」【毎日新聞2016年7月30日】

posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: