2016年08月04日

「鵜飼い」人気再び、長良・木曽川で取り組み【中部経済新聞2016年8月4日】

 鵜匠(うしょう)が巧みな手縄(たなわ)さばきで鵜を操り、川魚をとらえる「鵜飼い」。岐阜県の長良川や関、愛知県の犬山など全国各地で長き伝統をもつ漁法を観覧船から見て楽しむことができる。しかし、時代のすう勢に伴い観覧者数が減少。鵜飼いが厳しい状況に立たされている地域もある。その中で新たな取り組みでお客を呼び込もうとする動きも出ている。長良川鵜飼と木曽川うかいの現状を取材した。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201608/04/articles_27932.php

http://archive.is/WqygW

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: