2016年08月06日

クマ食害か、比内地鶏ひな姿消す 大館市十二所【秋田魁新報電子版2016年8月6日】

 5日午前7時ごろ、大館市十二所字水上の民家の鶏小屋で、比内地鶏のひながいなくなっているのを所有者の90代男性が見つけ、大館署に届け出た。鶏小屋の周囲にはクマのものとみられる足跡や毛があり、同署はクマによる食害とみて注意を呼び掛けている。

 同署によると、鶏小屋では15羽を飼育。4日午前7時ごろ、男性が餌やりに行ったところ、扉が壊されて6羽がかみ殺され、8羽がいなくなっていた。同日中に扉を補強したが、5日午前7時ごろに鶏小屋へ行くと、再び扉が壊されて残りの1羽もいなくなっていたという。
(全文 513 文字 / 残り 269 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20160806AK0003/

http://archive.is/0Pjov
比内地鶏、クマに驚き圧死? ひな93羽が被害、大館市【秋田魁新報電子版2016年7月28日】

posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: