2016年08月08日

高知)動物に氷をプレゼント のいち動物公園【朝日新聞デジタル2016年8月8日】(ペンギン)

プレゼントされた氷に近づくマンドリル=香南市野市町の県立のいち動物公園

 残暑厳しかった立秋の7日、県立のいち動物公園(香南市)で動物に氷が差し入れられた。

 氷をもらった動物は、カワウソやマンドリル、ハイエナやペンギンなど8種類。直径40センチのボウルを凍らせた半球形の氷を水槽に落としてもらったコツメカワウソは、2匹が競ってじゃれついた。マンゴーやキウイ、バナナなど果物たっぷりの氷をもらったマンドリルは、一心になでたりほじったりしていた。

 来園者にも涼をとってもらおう、と同園では高さ50センチ、底辺が20センチ四方の氷柱を入り口ゲートなど園内7カ所に用意した。香川県坂出市から家族で訪れたという主婦三好空見子(くみこ)さん(31)の長男大智くん(2)は気持ちよさそうに氷に触っていた。空見子さんは「初めて来ましたが、広々した園内がいい気持ち。氷が暑さを忘れさせてくれます」と話していた。

 高知地方気象台によると、同園の最寄りの観測点の南国日章(南国市)で32・4度と今年最高を記録したほか、高知市で33・5度など、県内16カ所の観測地点のうち13カ所で真夏日となった。(堀内要明)
http://www.asahi.com/articles/ASJ872T4MJ87PLPB001.html

http://archive.is/Zwfy0

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: