2016年08月09日

石川 希少なアカマダラハナムグリ 昆虫館あすから展示【中日新聞2016年8月9日】(>猛禽(もうきん)類など大型の鳥の巣に産卵)

10日から生体展示されるアカマダラハナムグリの雄=石川県ふれあい昆虫館で

 石川県ふれあい昆虫館(白山市)は同県で四匹しか確認例がなかった希少昆虫アカマダラハナムグリを採取し、十日から三十一日まで館内で生体展示をする。

 アカマダラハナムグリは同県版レッドデータブックでは絶滅危惧遭II類とされている。体長一五〜二〇ミリ程度のコガネムシの仲間でオレンジ色の背面にある黒いまだら模様が特徴。猛禽(もうきん)類など大型の鳥の巣に産卵し、幼虫は鳥が捕ったカエル、魚の肉などを食べて育つ。

 県内ではこれまで、一九六二(昭和三十七)年と九〇年に金沢市で計三匹、二〇〇七年に小松市で一匹が確認されただけだった。

 館職員三人が五月下旬、白山市と近隣で巣を探し、川北町にあったトンビの巣から成虫三匹、幼虫八匹、卵二十八個を採取した。

 生体展示するのは成虫のうち雌雄一匹ずつ。一匹は標本にした。採取した職員の一人、吉田航技師(26)は「卵はすべてふ化した。あまり知られていない生態も調べる」と話した。 (松本芳孝)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160809/CK2016080902000043.html

posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: