2016年08月30日

ネズミ上陸、オオミズナギドリ繁殖に影響? 京都・舞鶴沖の冠島【京都新聞2016年8月30日】(既報1ソース)

オオミズナギドリのひな(京都府舞鶴市沖・冠島)
 京都府舞鶴市教育委員会と冠島調査研究会は、同市沖の冠島で繁殖する府の鳥オオミズナギドリの定期調査結果を発表した。島への定着を引き続いて確認する一方、巣穴の卵のうち、ひなになったのと抱卵中は半数で、ドブネズミの影響が懸念されるという。

 繁殖期に合わせて春と夏に実施。今回は8月19〜22日に滞在し、オオミズナギドリを識別する足輪を確認する標識調査と、ひなの成育状況、ドブネズミ調査を行った。捕獲した606羽中、8割の484羽に以前付けた足輪があり、島への定着を確かめた。

 ひなは、調査区域内の巣穴を撮影。7月の山階鳥類研究所(千葉県)の調査で184カ所の巣穴のうち58に卵があった。今回ひながいたのは26、卵を抱いた親鳥がいたのは3で残り29は卵がなかったりと不明だった。

 伊豆諸島・御蔵島などの他の繁殖地での調査では、ひなの巣立ち成功率は7〜8割の報告がある一方で、外敵がいれば5割程度の場合もあり、冠島でも外敵の存在で巣立ちが減っている可能性があるという。

 今回、ドブネズミにかじられたとみられるひなの死体を1羽確認、ネズミの胃の内容物を調べるため、わなを仕掛けたが、捕獲できなかった。研究会の狩野清貴副会長は、冠島からさらに沖にある沓島(くつじま)にドブネズミが上陸して希少なカンムリウミスズメやヒメクロウミツバメなどの繁殖を妨げることも懸念、「捕獲方法を工夫して調査を続けたい」と話した。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160830000029

オオミズナギドリ 第2回冠島調査 ひなや抱卵、半数に 研究会「ネズミの影響大きい」 /京都【毎日新聞2016年8月
 舞鶴市沖の無人島・冠島での府鳥オオミズナギドリの生態について、冠島調査研究会は22日、今年度第2回(19〜22日)の調査結果を発表した。今回は天敵のネズミによるひなや卵への被害も調べた。7月に卵を抱いた成鳥が確認された巣穴のうち、実際に今回ひなや卵があったのは半数。ネズミは捕まえられなかったものの多数目撃されていることから、研究会は秋に再度調査する。

 ネズミ被害の実態調査は、環境省の委託による生態調査の一環で、山階鳥類研究所(千葉県)と合同で実施。山階研が7月、島内3カ所の調査エリアで確認した巣穴184のうち、実際に抱卵があったのは58。今回は3日間、研究会がスコープカメラで巣穴内を調べたが、26カ所にひな、3カ所に成鳥と卵があっただけ。一方、ネズミ捕りわなを3夜の間、計約25カ所に設置、捕まらなかったが作動した跡はあった。被害調査を担当した研究会の狩野清貴副会長は「ひなや卵の数は予想より約2割少なく、ネズミの影響の可能性は大きい」と説明した。

 この他、成鳥の飛来調査で捕まえた個体は606羽と少なめ。うち484羽が過去に標識の足輪を付けられていた。須川恒会長は「捕獲数が少ない時は、再捕獲個体の割合が多い。飛来数の増減もネズミの被害も、続けて調査したうえでのまとめが必要」と話した。

 1961年から年2回調査を実施。今回も研究会、市、西舞鶴高生徒などの計40人が島に渡った。【鈴木健太郎】

〔丹波・丹後版〕
http://mainichi.jp/articles/20160823/ddl/k26/040/431000c

http://archive.is/pKUKY
http://archive.is/XPF2f
オオミズナギドリ 生態調査 個体数は平年並み 舞鶴・冠島 /京都【毎日新聞2016年5月24日】
オオミズナギドリ「冠島に定着」 京都・舞鶴市教委など生息調査【京都新聞2015年8月27日】

posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: