2016年08月24日

「サシバブランド」向上へ認証制度 市貝【下野新聞2016年8月24日】

 【市貝】町はこのほど、特産の農畜産品の販路拡大などを目的に2011年から実施している「サシバの里」商標登録制度を刷新し「サシバの里ブランド認定制度」を始めた。認定条件をより細分化、厳格化しブランドの価値向上を狙う。

 これまでの商標は、上根のレストラン隆が提供する「冷やしとまと麺」と市塙の観音山梅の里が栽培するコメの2品。条件に不明瞭な点があり認定数が伸びないことなどから、リニューアルに踏み切った。

 新制度は、町在住の生産者や町内の事業所などが生産する農畜産物や加工品が対象。有機JAS規格やとちぎの特別栽培農産物の認定を受けた農産物などは金色、エコ農業とちぎ実践宣言をした上で町指定の有機混合堆肥を使った農産物などは緑色、それらの農畜産物が主材料の加工品は赤色の認定シールを発行する。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160824/2426061

http://archive.is/GNKQT

タグ:サシバ
posted by BNJ at 21:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: