2016年08月26日

ムクドリ対策「鷹匠」で撃退に成功か 3週間経過、群れ姿消す 大分市長「農作物の鳥獣被害対策に活用も」 /大分【毎日新聞2016年8月27日】

 ムクドリの大群対策に「鷹匠(たかじょう)」による撃退作戦が3、4両日に実施された大分市中心部の中央通り。3週間が経過してもムクドリはぱったり姿を消したままで、佐藤樹一郎市長は25日の記者会見で「今のところ効果が出ている」と、してやったりの表情を浮かべた。【池内敬芳】

 フン害や景観悪化の懸念から、道路を管理する市はタカやミミズクを使って害鳥対策に取り組む石橋美里さん(22)=佐賀県武雄市=に対策を依頼。ハリスホークという鷹をビルから放ち、ムクドリが集まる街路樹近くを滑空させたほか、小鳥が襲われた際に出すような不快な音を響かせ、ワシミミズクを手に路上を巡回した。

 上空と地上から威嚇した効果か、翌日以降はムクドリの群れがほぼ皆無に。佐藤市長は「いつ戻ってくるか分からない」と慎重な口ぶりながらも、「(農作物の)鳥獣被害対策にも応用できれば」と語った。
http://mainichi.jp/articles/20160826/ddl/k44/040/552000c

http://archive.is/jxBIv
大分)ムクドリ対策、タカ出動 いたちごっこ解消に期待【朝日新聞デジタル2016年8月15日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: