2015年08月27日

停電続く 養鶏場も影響【NHKニュース2015年8月27日】

台風15号による停電が一部で続いているいちき串木野市では、養鶏場にも影響が出ています。
羽島地区にある養鶏場では、1日に数回、自動でエサを与える機械を使っていますが、停電のために機械が使えず従業員が総出で手作業でエサやりをしていました。
この養鶏場ではおよそ3万羽のニワトリを飼育しているため手作業だといつも通りの時間にエサを与えることが難しく卵の収量に影響が出かねないと心配しています。
このため養鶏場では、27日、急きょ発電機を借りエサを与える機械などを稼動できるよう作業を進めていました。
養鶏場の峯元健治社長は「いままでに経験したことのなかった台風でしたが、こんなに長い停電は初めてです。ニワトリにストレスがかからないように精一杯努力をしたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5054466421.html

http://archive.is/FU82O

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: