2016年08月29日

ムクドリの次は「離れザル」鷹匠が現地調査【OBS大分放送ニュース2016年8月29日】

大分市田ノ浦地区でサルによる農作物の被害が深刻化しています。特に今年は家庭菜園まで荒らされており、大分市はムクドリ対策で効果のあった鷹匠による撃退作戦を始めました。イチヂクを狙っているサルの姿。高崎山自然動物園のB群とC群に属していない「離れザル」です。高崎山の隣、田ノ浦地区では3、4年ほど前から離れザルによる農作物の被害が深刻化しています。地区に住む農家の伊藤純一さんは、ビワやイチヂク畑を荒らすサルの様子を目撃しました。伊藤さんが撮影した映像には、イチヂクを持つサルの姿も。特に今年はビワが不作だったため、サルは家庭菜園の野菜や果物まで食べつくしているということです。そこで、大分市が始めたのが「鷹匠によるサルの撃退作戦」です。大分市の中央通りでは今月3日、鷹匠によるムクドリの撃退作戦が実施されました。その効果は絶大で、ムクドリは今のところ中央通りから姿を消しています。今回の標的は離れザル。試験的に実施し、効果を検証します。29日は佐賀県の鷹匠、石橋さん親子と、大分市、それに高崎山管理公社の職員が現地を視察しました。長年地区の住民を悩ませてきた離れザル。サル撃退作戦は9月上旬に実施される予定です。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=08290034850&day=20160829

http://archive.is/PzNo0

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: