2016年08月31日

鳥を殺すナメクジの犯罪が暴かれる【Sputnik日本2016年8月31日】

ポーランドのヴロツワフ大学の生物学者たちは、ナメクジが地面に巣をつくる鳥を殺すことができることを明らかにした。学者たちの発見は、雑誌Journal of Avian Biologyで発表された。 c FOTOLIA/ RYZHKOV_SERGEY エールフランス航空 ネズミが原因で離陸が2日遅れる 学者たちは、ハッコウチョウの巣の中でArion種のナメクジを見つけた。巣には孵化したばかりの雛たちがいたが、翌日、雛たちは死んでいた。 動物学者たちは、ナメクジは臭いで雛を見つけることができ、ギザギザの舌歯を使って雛を殺すと考えている。 鳥の体の特徴的な傷、くちばしや筋肉の穴、または目がなくなっていることなどによって、鳥たちがナメクジが原因で死亡したと判断することができるという。 ナメクジのこのような「猛獣的行為」は、これまでにも伝えられていた。ナメクジは、ハッコウチョウ、ヨシキリ属の鳥、メボソムシクイ属の鳥の巣を攻撃した。複数の学者たちが、粘液によって汚れ、破壊された巣を目撃していた。 一方で、多くの動物学者たちにとってポーランドの学者たちの発見は予期せぬものとなった。 先に伝えられたところによると、ノルウェー南部のハダルゲンヴィッダ国立公園で323頭のトナカイが落雷で死亡した。

http://jp.sputniknews.com/science/20160831/2709597.html

http://archive.is/yu7AD

posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: