2016年08月31日

くじゃく園のひなすくすく【長崎新聞2016年8月31日】

飼育器の中で元気に成長しているインドクジャクのひな

 東彼川棚町小串郷の大崎くじゃく園で7月に生まれたクジャクのひな13羽がすくすくと成長中。9月上旬から順次公開される。

 同園では約200羽のクジャクを飼育。4〜6月に約400個の卵が産まれ、産み落とされた卵は人工ふ化させる「ふ卵器」で温められた。現在はインドクジャクのひな12羽が飼育器の中で元気に育っている。約2年で成鳥になるという。

 今年はさらにシロクジャクのひな1羽が自然ふ化。シロクジャクは同園に3羽しかおらず「ひな自体珍しいが、自然ふ化はさらに珍しい」としている。

 インドクジャクのひなは今週末から、シロクジャクのひなは9月中旬ごろから同園の「くじゃくランド」で公開。同園の営業時間は午前9時〜午後5時。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/08/31091248048870.shtml

http://archive.is/VFyZ6

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: