2016年09月08日

【探鳥】ケリ(鳧) 鮮やかに群れ飛ぶ【東京新聞2016年9月8日】

 埼玉県川島町の田園地帯でこの夏、群れ飛ぶケリ。渡り途中のアオアシシギを観察中に一瞬、十数羽が上空を通過した。夏の空に翼と尾の白黒模様が印象的。地上にいると地味だが、飛ぶ姿は鮮やか。
 留鳥で水田や草地に生息するチドリの仲間。秋から冬は見通しがいい刈り田で昆虫やミミズなどを食べる群れに出合うことも。「キリッ」または「ケリッ」と甲高い声で鳴き、名の由来に。雌雄同色。翼を広げると75センチほど。全長36センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016090802000161.html

http://archive.is/CnP1N

タグ:ケリ
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: