2016年09月14日

三次の鵜飼 乗船者4167人 過去10年で2番目の多さ 今季の営業終了 /広島【毎日新聞2016年9月14日】(既報1ソース)

「三次の鵜飼」の遊覧船観光客にあいさつをする日坂文吾鵜匠=広島県三次市の馬洗川で、岡本幸信撮影
 三次市の夏の風物詩「三次の鵜飼(うかい)」が10日、今季の営業を終えた。遊覧船の乗客数は昨年より350人増えて4167人となり、過去10年で2番目の多さだった。

 今年1〜3月に鵜14羽が大量死し、今季の開催が危ぶまれた。しかし、5月に茨城県日立市から新鳥10羽が届き、短期間で調教。6月の鵜飼開きに間に合わせた。

 三次市観光協会によると、集客増は、好天に恵まれたほか、鵜の大量死を受けて450年の伝統文化を守る機運が高まった反映としている。

 今季最終日の10日は、出船前にセレモニーがあり、同協会の信国秀昭会長が「みなさんの協力で無事に鵜飼を終えることができた」とあいさつ。日坂文吾鵜匠は「多くのみなさんの声援に支えられた」と感謝の言葉を述べた。【岡本幸信】
http://mainichi.jp/articles/20160914/ddl/k34/040/586000c

三次の鵜飼、好天恵まれ4167人【中国新聞アルファ2016年9月11日】
出船前のあいさつで感謝の言葉を述べる日坂鵜匠会長(右端)
 三次市の夏の風物詩「三次の鵜飼(うかい)」が10日夜、今季の営業を終えた。冬場に鵜14羽が相次いで病死し試練のシーズンとなったが、好天にも恵まれ、6月1日から3カ月余りの集客は昨年より350人多い4167人に上った。
(ここまで 109文字/記事全文 300文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=281404&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/nKtCQ
http://archive.is/XqJPu
「鵜飼においで」 アートバス快走【中国新聞アルファ2016年7月18日】

posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: