2016年09月12日

風車に野鳥衝突 防止策探る絶滅危惧種オジロワシも被害【読売新聞2016年9月12日】

北海道に飛来するオジロワシ(北海道海鳥センター提供)
 全国で風力発電施設の建設が進むにつれて、目立つようになった「バードストライク」。野鳥が風車に衝突するのを防ぐため、風車の位置を鳥に知らせたり、音で追い払ったりといった様々な手法が試みられている。絶滅危惧種のオジロワシの被害が多い北海道で、現状を取材した。

黒い「目玉」シール

 北海道北西部の苫前とままえ町にある町営の「苫前夕陽ヶ丘風力発電所」。日本海に面した崖の上にある計3基の風力発電のうち1基の下部に、直径1メートルの丸いシールが、間隔をあけて14枚貼ってあった。

 中心が黒い円形のシールは目玉のように見える。訪ねた日は風が弱く、風車は止まったままだったが、風力発電を担当する苫前町企画振興課の担当者は「強い風が吹く冬にはフル回転して、発電効率が上がる。昨年7月にシールを貼ってから、被害に遭う鳥も見つからなくなった」と説明した。昨年度は約7700万円の売電収入があった。

 運転開始は1999年。発電を始めると、環境省のレッドリストで、絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に指定されているオジロワシの死骸が近くで見つかるようになった。



 環境省によると、2004年〜15年3月の間に確認されたバードストライクによるオジロワシの被害は全国で計42羽。このうち生きたまま保護されたのは1羽だけだ。青森県の2羽を除く40羽はすべて北海道で、このうち最も多い23羽が見つかったのが苫前町だった。

 苫前町の目玉シールは昨年7月、環境省の援助で貼られた。オジロワシは川や海にいる魚を食べるため、下を向いて飛ぶことが多い。この時、前方の風車に気づかずに衝突することがあるとされる。鳥が風車に気づきやすくするため、鳥が嫌がるとされる目玉模様のシールを導入することになった。

 風車が高速で回るため、透明になってしまうのも衝突の要因とされる。寒冷地では、雪で視界が悪くなり、白い風車が背景と同化する影響もある。

 野鳥全体を対象に、2001年から被害の集計を始めた日本野鳥の会によると、北海道と青森県以外に、岩手、福島、愛媛など11府県で、341件の被害が確認されている。日本野鳥の会主任研究員の浦達也さん(40)は「死骸が他の動物に食べられて、事故の痕跡が残らないこともある。実際はもっと多くの鳥が命を落としているだろう」と話す。


目玉模様のシールが貼られた風車の下部(8月19日、北海道苫前町で)

 バードストライクを防ぐ決定打はまだ見つかっていない。環境省は昨年、北海道根室市の岬で発砲音が出る装置を使った実験を行った。その結果、鳥がスピードを緩めたり、一時的に飛行高度を上げるといった反応はあったが、音に反応して引き返した例は少なかった。かかしを使った威嚇は長続きしないとする米国での研究もある。

悪影響地域の地図


 新エネルギー・産業技術総合開発機構によると、2015年度時点で、全国に設置された風力発電は2102基(前年度比3%増)。環境影響評価法に基づき、大規模発電の事業者は建設前に野鳥への影響を調べることになっているが、名古屋大の丸山康司教授(環境社会学)は「どんな種類の鳥がどれだけ生息しているかを正確に把握するのは難しいため、被害の予測には限界がある」と話す。

 このため、風力発電の建設が野鳥に悪影響を与える地域を示す地図を作ろうという動きもある。北海道では今年3月、日本野鳥の会や大学の研究者、発電事業者が参加する検討会が発足。大規模な風力発電計画がある稚内市、豊富町、幌延町を対象に地図作りの準備作業が始まった。対象地域を5キロ四方程度に区切り、鳥の生態調査を行い、影響が大きい地域を色分けした地図を2年後に完成させることを目指す。環境省も今年度から、北海道や東北で同様の地図作製に着手する。

 地図の作製に参加する日本野鳥の会の浦さんは「バードストライクを減らし、鳥と風車が共存できる環境を整えるためにも、この取り組みを全国に広めていきたい」と話している。(出水翔太朗)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/feature/CO005563/20160905-OYT8T50022.html

http://archive.is/D3aDy
風車230基の計画!〜地元参加と透明性を 北海道北部、大型風力計画への期待と課題 吉田文和【WEB RONZA朝日新聞社2016年9月12日】
北海道の風力発電事業2件に環境大臣意見 希少猛禽類のため、1基は設置中止【環境ビジネスオンライン2016年9月7日】
野鳥検知、衝突を回避 風力発電促進へシステム開発【どうしんウェブ2016年8月6日】
海ワシ類のバードストライク防止策 環境省、風力発電向けの手引き書を作成【環境ビジネスオンライン2016年6月29日】
環境省_「海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施手引き」の策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)【環境省報道発表資料2016年4月26日】
風車と鳥類の衝突を自動検知、洋上風力にも使える遠隔監視システム【スマートジャパン2016年4月19日】

posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: