2016年09月26日

【台風10号被害】農林水産被害540億円【JAcom農業協同組合新聞2016年9月26日】(養鶏/既報関連ソースあり)

 農林水産省は9月23日現在の台風10号被害をまとめ公表した。農林水産関係被害で540億円となっている。

 現在17都道府県から被害報告がある。
 農作物は1万4000haで94億円の被害額となっている。北海道、青森、岩手、宮城、秋田、福島、埼玉で発生した。
 家畜の斃死は11万頭羽で被害額は8000万円。生乳の被害は300tで被害額は3000万円、共同利用施設への被害は13件で被害額は20億円となっている。いずれも北海道、岩手で発生した。
 農業用ハウス等の被害は2711件で7.1億円の被害額。北海道、青森、岩手、宮城、秋田、福島で発生した。畜舎等の被害は789件で被害額は3億円。北海道、岩手、宮城、秋田で発生している。 農地の損壊は1833か所で被害額は119億円となっている。北海道、青森、岩手、宮城、山形、福島、三重、京都、大阪で発生している。
 農業用施設の損壊は927か所で被害額は59.9億円となっている。北海道、青森、岩手、宮城、山形、福島、長野、三重、滋賀、京都、大阪で発生している。
 農業関係の被害額は304.4億円。林野、水産関係を含めた被害合計額は540.9億円となっている。農水省は引き続き被害調査をしている。

(関連記事)
・北海道・岩手 台風被害の要請 (16.09.21)

・台風7・11・9・10号 激甚災害に指定 農水省 (16.09.20)
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2016/09/160926-30929.php

台風10号被害、農業は151億円【朝日新聞デジタル2016年9月13日】
■十勝地方5割近く 道推計

 道は12日、台風10号による農業関係被害額を約151億円とする推計をまとめた。十勝地方の農作物の被害額が約72億円で5割近くを占め、被害の大きさが浮き彫りになった。

 台風10号で農地約1万2311ヘクタールが被害を受けた。ビニールハウスなど2514棟が損壊。ブロイラー約7万5千羽、子豚1080頭が死んだ。作物別ではジャガイモ(51億円)が最も多く、豆類(10億円)、てんさい(8億円)が続いた。8月に上陸した別の三つの台風と合わせた農業被害は約2万4405ヘクタール、約341億円になった。

 道は早期に復旧すれば次の作付けに間に合う農家などに対し、災害査定を待たずに復旧する「査定前着工制度」の活用を促している。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1609130100002.html

http://archive.is/agAyi
http://archive.is/3lJu5
【台風10号】北海道・岩手で家畜11万頭羽に被害(7日、8日現在)【JAcom農業協同組合新聞2016年9月8日】
台風10号 田畑220ヘクタールなど冠水 広がる農林水産被害 岩手【産経ニュース2016年9月7日】
台風被害、深い爪痕【朝日新聞デジタル2016年9月2日】(養鶏)

posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: