2016年09月18日

フクロウ 京都・新京極の店内に 外国人観光客にも人気【毎日新聞2016年9月18日】

吸い込まれそうな大きな目が特徴のシベリアワシミミズク=京都市中京区の「京都のフクロウの森」で、小松雄介撮影

フクロウと並んで写真を撮るインドネシアから来たジェニファーさん(右)=京都市中京区の「京都のフクロウの森」で、小松雄介撮影
 フクロウをなでたり写真を撮ったりできる「京都のフクロウの森」(京都市中京区)が連日多くの人でにぎわっている。京都の繁華街・新京極通にありながら森をイメージした店内には14種類、15羽のフクロウがいる。時間無制限でフクロウと触れ合え、休日には平均約150人が訪れるという。

 映画シリーズ「ハリー・ポッター」にも登場したシロフクロウが人気を集める。体長65センチほどのシベリアワシミミズクから13センチほどのヨーロッパコノハズクまで大きさや姿も多様。東大阪市の小学3年、林信吾さん(9)は来店から1時間ほどたっても飽きない様子で「帰りたくない」と話していた。

 アジア各国を中心に外国人観光客にも好評だ。インドネシアから訪れたジェニファー・ノビアナさん(23)は「柔らかくて可愛い」と盛んに写真を撮っていた。

 営業時間は午前11時半〜午後7時半。入場料中学生以上600円、小学生以下400円。問い合わせは同店(075・708・3847)。【小松雄介】
http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00e/040/152000c

http://archive.is/MyAsh

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: