2016年09月20日

長寿動物にケーキプレゼント 姫路市立動物園【神戸新聞NEXT2016年9月20日】(オオバタン/ソウゲンワシ)

好物のキウイなどで作ったケーキを食べるオオバタン=姫路市本町
 敬老の日に合わせ、兵庫県の姫路市立動物園(同市本町)は19日、オオバタンら長寿の動物3匹に好物で作ったケーキなどをプレゼントした。来園者はおいしそうに食べる動物の様子を熱心に見つめていた。

 昨年に続き2回目。園内には年齢が不明な動物も多いが、今年は長く飼育している3匹を対象に選んだ。

 オオバタンはオウム科でインドネシア東部に分布。飼育員によると同園のオオバタンは体長約50センチで、飼育年数は30年を超えるという。飼育員がピーナツやキウイの乗ったケーキを目の前に差し出すと、元気よくくちばしでついばんでいた。

 また、飼育年数32年を数えるタカ科のソウゲンワシには馬肉で作ったケーキを用意。ただ、観客を警戒してか、セレモニー中は最後まで手を付けなかった。39歳のアジアゾウ「姫子」にはカボチャが贈られた。

 祖母らと一緒に訪れた男児(6)=同市大津区=は「(オオバタンが)餌を食べているところが見られて面白かった。ぼくもおばあちゃんを大切にしたい」と話していた。(三宅晃貴)
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201609/0009505440.shtml

http://archive.is/ghv9w

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: