2016年09月21日

白鳥の羽切り 優しくチョッキン 彦根城で作業 /滋賀【毎日新聞2016年9月21日】

白鳥の体を優しく押さえながら、長くなった羽を切る彦根城管理事務所の職員たち=滋賀県彦根市で   ※クレジッ ト不要
 彦根城内の堀で飼われている白鳥の羽切りが19日、彦根市金亀町の彦根城管理事務所の作業所であった。

 内堀と中堀では現在、白鳥5羽と黒鳥3羽を飼育。毎年8月末から9月中旬にかけ、飛んで逃げるのを防ぐため、1年の間に30〜40センチ伸びた風切り羽をはさみで切り取る。1羽あたり30〜40本にもなるが、羽は毎年新しく伸び、鳥に痛みはないという。

 この日は作業員7人が朝から網で白鳥2羽を捕獲。午後2時から約1時間、白鳥を6人で押さえながら1人が丁寧に羽を切っていった。【西村浩一】
http://mainichi.jp/articles/20160921/ddl/k25/040/559000c

http://archive.is/mhrCI

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: