2016年09月26日

プラスチック海洋汚染 最果て南極も 九大など初検出【毎日新聞2016年9月26日】(他3ソース/既報関連ソースまとめあり)

南極海の調査で見つかった約2ミリのマイクロプラスチックの拡大写真=九州大提供
 生態系への悪影響が懸念される微細なプラスチック(マイクロプラスチック)が南極海にも浮遊していることが26日、九州大や東京海洋大の調査で分かった。人口が多い世界の沿岸部で多く見つかっているが、南極海での検出報告は初めてとみられる。九州大の磯辺篤彦教授(海洋物理学)は「人間の生活圏から最も遠い南極海で見つかった。地球上のどこにでも存在すると考えられる」として調査の拡大を訴えている。

 マイクロプラスチックは、ごみとして海に流れた包装容器などが、紫外線や波によって5ミリ以下の粒子になったもの。環境中の有害物質を吸着しやすく、のみ込んだ魚や鳥への影響が懸念される。

 調査は1〜2月、オーストラリアと南極大陸の間の5カ所で実施。目の細かい網を引いて海面近くの浮遊物を採取すると、南極に近い2カ所では海水1トン当たり0・05〜0・1個と特に多くの粒子が見つかった。1平方キロに約14万〜29万個ある計算で、北半球の海で平均的な約10万個に匹敵する数となった。ただ南極海の全体状況を推定するにはデータが足りないという。

 結果は海洋汚染の専門誌マリン・ポリューション・ブレティンに発表した。
http://mainichi.jp/articles/20160926/dde/041/040/032000c

「マイクロプラ」南方に調査拡大…来年度から【読売新聞2016年9月26日】
 環境省は来年度から、生態系への影響が懸念される5ミリ以下の「マイクロプラスチック」について観測態勢を強化することを決めた。

 これまで近海で行ってきた調査の範囲を、南方の太平洋上まで拡大する。

 同省では現在、瀬戸内海沿岸や本州、四国や九州の200〜300キロ沖合の海で、漂流したり流れ着いたりしたプラスチックごみを、大学などと協力して調べている。来年度からは、東京都心から1730キロ南に離れた沖ノ鳥島や沖縄県の沖大東島周辺の海域まで範囲を拡大。調査船で漂流ごみを採取し、マイクロプラスチックに付着した有害物質などを分析する。

 プラスチックごみの多くは、中国や東南アジア諸国から海に排出されているとの試算があり、日本の南方でも広がっている恐れがあるという。

(ここまで328文字 / 残り73文字)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160926-OYT1T50043.html

微細なプラスチックごみ 南極海でも初検出【NHKニュース2016年9月26日】
海の生態系への影響が懸念されている大きさが5ミリ以下の微細なプラスチックのごみ、「マイクロプラスチック」が、人の生活圏から遠く離れた南極海でも、日本の大学の調査で初めて検出されました。調査に当たったグループは、地球規模で汚染が広がっていることを示すものだとして、国際的な取り組みを急ぐ必要があると指摘しています。
「マイクロプラスチック」は、プラスチックのごみが紫外線や波の力で大きさが5ミリ以下まで細かく砕けたもので、分解されずに海を漂い続けるうえ、有害物質を付着しやすいため海の生態系への影響が懸念されています。

こうした中、九州大学などのグループは、ことし1月、東京海洋大学の練習船で南極海の2か所の海水を採取し、「マイクロプラスチック」が含まれているかどうか調べました。
その結果、いずれの場所の海水からも「マイクロプラスチック」が検出され、その密度は、これまでに調査が行われた世界各地の海の平均の2倍から4倍余りと高い値だったということです。

人の生活圏から遠く離れた南極海でマイクロプラスチックが検出されたのは、これが初めてです。調査を行った九州大学の磯辺篤彦教授は、「汚染が地球全体に広がっていることを示すもので各国が協力して実態の把握を進めるとともに、対策を急ぐ必要がある」と指摘しています。
有害物質付着しやすく生態系に影響も
マイクロプラスチックは、PCBなどの有害物質を付着しやすい特徴があり、プランクトンや魚などが餌と間違うと、有害物質も体内に取り込んでしまうため、生態系や人への影響が懸念されています。

東京農工大学の高田秀重教授のグループは、世界各地の研究者やNGOの協力を得て、50余りの国や地域の海岸からマイクロプラスチックを集め、付着している有害物質の種類や量を分析しました。
その結果、有害物質のPCBが日本やアメリカ、ヨーロッパで多く検出されたほか、アフリカや東南アジアでも、検出されたということです。また、農薬の成分のHCHが、アフリカやヨーロッパ、オセアニアなどで検出されたということです。

これまでの高田教授のグループの研究では、マイクロプラスチックに付着した有害物質は、海水に溶け込んでいる有害物質と比べて10万倍から100万倍も濃縮されていることや、マイクロプラスチックを多く体内に取り込んだ海鳥は、体の脂肪に含まれる有害物質の濃度も高くなっていることが明らかになっています。

高田教授は、「マイクロプラスチックは軽くて浮きやすいため、国境を越えて遠く離れた場所まで流れていきやすく、有害物質の運び屋になっている。20年後には世界の海を漂流するプラスチックの量が今の10倍に増えるという予測もあり、マイクロプラスチック汚染がさらに進めば、人への影響も懸念される」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160926/k10010707181000.html

南極海で「マイクロプラスチック」採取 汚染の実態明らかに【FNNニュース2016年9月26日】
海に漂う小さなごみで、生態系に悪影響を及ぼすおそれがある「マイクロプラスチック」が、南極海でも採取された。
マイクロプラスチックは、直径5mm以下のプラスチックのごみで、海に捨てられたプラスチックが、紫外線や波などによって削られて、小さくなったもの。
九州大学などの研究チームは、2016年の1月から2月にかけて、南極海の5つの地点で、あわせて44個のマイクロプラスチックを採取したと発表した。
南極海での採取が正式に報告されるのは、初めてとなる。
研究チームは、「人間の生活圏から1番遠いところで、マイクロプラスチックが出た。地球上で出ない海は、もうない」との見方を示している。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00337309.html

http://archive.is/gfA1c
http://archive.is/HFwnA
http://archive.is/RDPvk
http://archive.is/976KF
社説 海洋ごみ汚染 国際連携で拡散を防止したい【読売新聞2016年8月26日】
微細プラスチック、魚から 吸着の汚染、体内蓄積 海洋生態系に脅威【朝日新聞デジタル2016年6月23日】
琵琶湖で直径5ミリ以下微細プラスチック見つかる 京大調査【産経ニュース2016年3月18日】
(教えて)海を漂流するごみが問題になっているの?【朝日新聞デジタル2015年10月5日】
海鳥の90%がプラスチックを誤飲、最新研究で判明 増える一方の海洋ごみが、鳥たちの命を脅かす【ナショナルジオグラフィック日本版2015年9月7日】
海洋漂流ごみ、大半がプラ 横浜寄港のスイス環境団体【共同通信2015年7月28日】
プラスチック破片:南極海で調査 九州大など、世界初の実施へ【毎日新聞2015年7月17日】
過去60年間で世界の海鳥が7割も減少していた?海洋生態系へ影響に懸念の声が広がる【IRORIO2015年7月14日】
微小プラ汚染、外洋まで 環境省、日本周辺で調査 生態系への影響を懸念【朝日新聞デジタル2015年4月24日】
プラスチックごみ27万トン浮遊 世界の海、粒子5兆個【共同通信2014年12月11日】

posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: