2016年09月27日

ドローンでカワウ対策 広島県【中国新聞アルファ2016年9月27日】

樹上に作られたカワウの巣=2014年3月、広島県大崎上島町(県提供)
 カワウによる漁業被害の深刻化を受け、広島県は10月、小型無人機ドローンを使った対策に試験的に乗り出す。集団営巣地(コロニー)やねぐらがある樹木にドローンでビニールひもを張り巡らせて警戒させ、別のコロニーやねぐらがあるエリアに移動させる作戦。カワウを狭い範囲に集め、駆除を含めた管理の効率化を狙う。
(ここまで 149文字/記事全文 581文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=285436&comment_sub_id=0&category_id=112

http://megalodon.jp/2016-0927-2156-57/www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=285436&comment_sub_id=0&category_id=112

タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: