2016年09月28日

獲物目がけ「一足トビ」 岐阜市の長良川【岐阜新聞2016年9月28日】

上空から急降下し鮎を捕らえるトビ=岐阜市鏡島、長良川
 時折秋の心地よい風が吹く岐阜市鏡島の長良川で、トビが「落ち鮎」を狙い、河畔の上空で円を描くように飛んでいる。

 長良川漁業協同組合によると、産卵のために川を下ってきた落ち鮎は、市内の長良川では8月中旬から姿が見られ、10月中旬にピークを迎える。

 トビは、弱っていたり釣り針などで傷ついたりした川面近くの鮎を狙う。急降下し水面すれすれから獲物を捕らえる姿は、職人芸そのものだった。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160928/201609280903_28121.shtml

http://archive.is/NQvav

タグ:トビ
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: