2016年09月28日

学生2人、水族館のペンギンを海へ逃がす 南アフリカ【AFPBB Newaa2016年9月28日】(既報1ソース/ケープペンギン)

南アフリカ・ケープタウンの近くで撮影されたケープペンギン(2010年7月4日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEWEL SAMAD
【9月28日 AFP】南アフリカの学生2人が、「バディ(Buddy)」という名のペンギンを海洋水族館から盗み出し、インド洋(Indian Ocean)に逃がしたと認めた。水族館の館長が27日、明らかにした。

 今月21日朝、ポートエリザベス(Port Elizabeth)の海洋水族館ベイワールド(Bayworld)から、絶滅の危機にある3歳のケープペンギン1羽が、車に乗せられ近くの海岸に運ばれた。名前を明らかにされていない学生2人はペンギンを盗んだことを認め、動物の監禁に抗議するためだったと語った。

 AFPの取材に応じたベイワールドのディラン・ベイリー(Dylan Bailey)氏によると、学生らはペンギンのために正しいことをしたと信じ切っているという。だが同氏は、飼育下で成長したバディは自然の環境では生き延びられないだろうと述べた。

 ペンギン番号266とも呼ばれていたバディは、盗難の翌日、毎月の健康診断の際に行方不明になっていることが明らかになった。防犯カメラの映像には20代の学生2人が、夜中に車を外に止めてペンギン飼育場の中に入るのが映っていた。その後、2人はバディを近くのポロックビーチ(Pollock Beach)で放した。

 ベイワールドの職員とボランティアにより、海岸でバディの捜索が行われている。バディは左のひれ状の翼に識別タグが付いている。バディにはマイクロチップも埋め込まれているが、追跡用ではない。

 ケープペンギンは、商業漁業と餌の不足によりその生息数が激減し、2010年に絶滅危惧種に指定された。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3102385

学生、ペンギン盗み海へ放す=水族館「野生では暮らせないのに」−南ア【時事ドットコム2016年9月28日】
生息数の激減が危惧されているケープペンギン=2010年7月、南アフリカ南部ケープタウン近郊(AFP=時事)
 【ポートエリザベス(南アフリカ)AFP=時事】南アフリカ南部ポートエリザベスで、水族館に夜間、忍び込み、生息数の激減が危惧されているケープペンギン1羽を盗み出し、近くの海に放していた学生2人が捕まった。水族館は「盗まれたペンギン『バディー』は健康だが、水族館育ちで野生では3週間と生きていけないだろう」と学生の無思慮に怒っている。

 水族館によると、学生は2人とも20歳を過ぎている。21日に忍び込む様子が監視カメラに捉えられていた。水族館は27日、2人について「そろって犯行を認めていて、ペンギンのためにやった、正しいことをしたと言っている」と説明。弁護士と対応を話し合っている。(2016/09/28-07:45)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092800116&g=int

http://archive.is/a3001

posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: