2016年09月30日

タウンたうん 越冬、ハチクマ渡り始まる 五島 /長崎【毎日新聞2016年9月30日】

 九州最西端にある五島市玉之浦町の大瀬崎で越冬のため大陸を目指すハチクマの渡りが始まった。例年、9月中旬ごろから本格化するが、今年は相次いだ台風の影響か、数が少ない。月末ごろピークを迎え、10月中旬まで続く。

 渡りの観察を続ける日本野鳥の会の出口敏也さんによると、ハチクマはタカ科の猛禽(もうきん)類で開翼長約1・3メートル。5月ごろ繁殖のため日本に飛来し、9、10月、約1万羽が大陸へ旅立つ。早朝、周辺の山から湧き出るように舞い上がったハチクマの群れは、上昇気流に乗って約600キロ離れた大陸を目指し、2、3日で到達するという。大瀬崎には全国から大勢の愛鳥家が集まり、渡りを観察している。【椿山公】

〔長崎版〕
http://mainichi.jp/articles/20160930/ddl/k42/040/237000c

準絶滅危惧種「ハチクマ」優雅に飛来(長崎県)【NNNニュース2016年10月3日】準絶滅危惧種の渡り鳥ハチクマが五島市に飛来し、優雅な姿を観察することができる。

準絶滅危惧種の渡り鳥ハチクマは、毎年9月中旬から10月にかけ、冬を越すために本州から中国大陸へ向かう途中、国内最後の経由地・五島市に飛来する。東シナ海を一望する展望所には県内のほか広島や愛媛などからも愛鳥家が訪れ、観察していた。シーズン中は1万〜1万2000羽あまりが飛来するそう。
http://www.news24.jp/nnn/news8745597.html

http://archive.is/3rn1x
http://archive.is/KgEYo

タグ:ハチクマ
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: