2016年10月01日

インドアカガシラサギを国内で初めて?確認 アイランドシティで会社員撮影 [福岡県]【西日本新聞2016年10月1日】

アイランドシティで撮影されたインドアカガシラサギ(呉元吉さん提供)
写真を見る
 福岡市東区のアイランドシティ中央公園で珍しい野鳥が見つかり、県内外の愛鳥家の関心を集めている。インドアカガシラサギとみられ、日本野鳥の会の関係者は「日本で観察されたのは初めてではないか」と驚いている。

 近くの会社員呉元吉さん(59)が9月26日、散歩中に公園の池の近くで発見、27日に撮影に成功した。インターネットで情報を発信すると、山形県などから愛鳥家が訪れている。餌を元気についばんでいるが、片足を引きずっているという。

 インドアカガシラサギはインドやパキスタン、スリランカなどに生息するサギの仲間で、体長30〜40センチ。アイランドシティ中央公園で野鳥観察を続けている日本野鳥の会福岡支部の会員(73)は「台風の影響で迷い込んだのかも。暖かい地域の鳥なので、いつまでいるかは分からない」と話している。

=2016/10/01付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/278760

http://archive.is/muI0p

posted by BNJ at 21:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: