2016年10月01日

水族館からペンギンを逃がした容疑者2人が出廷 南アフリカ【AFPBB News2016年9月30日】(既報関連ソースあり)

南アフリカ・ケープタウンの近くで撮影されたケープペンギン(2010年7月4日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEWEL SAMAD
【9月30日 AFP】南アフリカで、「バディ(Buddy)」という名のペンギンを海洋水族館から盗み出し、海に逃がしたとして、窃盗と悪意のある器物破損の容疑で訴追された男2人が、裁判所に出廷した。警察当局が30日、述べた。

 エードリアン・ドニアン(Adrian Donian)容疑者(22)とエミール・デュプリシス(Emile du Plessis)容疑者(24)は29日、ポートエリザベス(Port Elizabeth)の治安判事裁判所に出廷した。

 バディーは絶滅の危機にあるケープペンギンで、先週、ポートエリザベスの海洋水族館ベイワールド(Bayworld)から盗み出された。野生環境では生存する可能性が低く、不安の声は国外まで広がった。

 容疑者2人は29日に市内の警察署に弁護士とともに出頭。ベイワールドのマネジャー、ディラン・ベイリー(Dylan Bailey)氏がAFPに語ったところによると、2人はペンギンを盗んだことを認め、動物の監禁に対する抗議行動だと話したという。

 ベイリー氏は、3歳のバディーは狩りも自活もできないので、海では生きられないだろうと語っている。また、地元紙ヘラルド(Herald)によると、バディーは水族館にいるつがいの雌と離れ離れになり、その後、バディーとつがいの雌の子ども2羽のうち1羽が死んだという。

 警察当局によると、審理はさらなる捜査のため延期され、容疑者2人は1か月以内に再び裁判所に出廷する見通し。
http://www.afpbb.com/articles/-/3102797

http://archive.is/YrYOg
学生2人、水族館のペンギンを海へ逃がす 南アフリカ【AFPBB Newaa2016年9月28日】

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: