2016年10月05日

三次の鵜飼に再び打撃 6羽死ぬ【中国新聞アルファ2016年10月5日】(既報関連ソースあり)

鵜6羽が死んだ鵜共同飼育場(三次市粟屋町)
 三次市の「三次の鵜飼(うかい)」の鵜が5月から9月にかけて6羽死に、計21羽から15羽に減っていたことが4日、分かった。大腸菌感染や呼吸困難などが原因とみられる。1〜3月に計14羽が死んだのに続く異常事態。運営する三次鵜飼伝統文化振興会と市観光協会は、補助金を受けている市に報告していなかった。
(ここまで 148文字/記事全文 722文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=287680&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/v4M7M
三次の鵜飼 乗船者4167人 過去10年で2番目の多さ 今季の営業終了 /広島【毎日新聞2016年9月14日】
「鵜飼においで」 アートバス快走【中国新聞アルファ2016年7月18日】
三次にウミウ「援軍」さらに5羽【中国新聞アルファ2016年5月20日】
鵜飼のウミウ5羽到着 三次【中国新聞アルファ2016年5月12日】
三次の鵜飼守れ 官民組織初会合【中国新聞アルファ2016年5月11日】
「鵜慣らし祭」元気に初泳ぎ 三次【中国新聞アルファ2016年4月13日】
鵜飼のウミウ 相次いで病死 三次で14羽 /広島【毎日新聞2016年3月14日】

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: