2016年10月05日

大洲 鵜飼いシーズン終え感謝祭【愛媛新聞ONLINE2016年10月5日】

シーズンを終えてアユを投げてもらうウ
 愛媛県大洲市の鵜飼いが9月にシーズンを終え、同市中村の肱川・肱北河原で4日、鵜感謝祭があった。今季の客数は6067人(昨季比374人増)と、まずまずの結果。関係者はウ10羽にアユのご褒美で報いていた。
 今季は肱川の増水も少なく、6〜9月の112日間の期間中、96日間開催できた。登録店は1店減の5店となったものの、客数は夜鵜飼いが5156人(189人増)、昼鵜飼いが911人(185人増)といずれも増加。関係者はツアー客増加や「えひめいやしの南予博2016」効果などを理由に挙げた。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610051745

http://archive.is/RYGml

posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: