2016年10月05日

「みはら神明鶏」でご当地グルメ【中国新聞アルファ2016年10月5日】

「水軍焼」の試作品について意見を交わす小林専務(右)たち
 三原市の鶏肉専門店「鳥徳」が、道の駅みはら神明の里(同市糸崎)などと連携し、市内のブランド鶏肉「みはら神明鶏」を使った、ご当地グルメ「水軍焼」の開発に取り組んでいる。新たな名物として定着させ、まちおこしにつなげる。
(ここまで 108文字/記事全文 473文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=287581&comment_sub_id=0&category_id=112

http://megalodon.jp/2016-1005-2116-33/www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=287581&comment_sub_id=0&category_id=112

posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: