2016年10月10日

ヒガラの群れ「パチリ」…室蘭・測量山で探鳥会【室蘭民報2016年10月10日】

 日本野鳥の会室蘭支部(篠原盛雄支部長)の探鳥会が9日朝、室蘭市清水町の測量山唐松平で行われ、参加者が秋の野鳥を観察した。

 約30人が参加した。この日は午前8時半の開始前後に断続的な雨に見舞われ、木陰に避難しながらの観察となった。雨足が弱まるまでの時間を活用して、篠原支部長がこの季節に室蘭で見られる野鳥の種類を説明。「10月下旬には3千羽の群れをつくるヒヨドリも見られます。ほかの鳥に襲われないよう、海面近くを飛びます」と述べた。

 参加者は双眼鏡や望遠レンズを用いて強風をかいくぐるように飛ぶ野鳥を観察していた。ヒガラの群れが現れると熱心にシャッターを切っていた。
(石川昌希)

【写真=室蘭で見られる野鳥の種類を学ぶ参加者】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/10/10/20161010m_04.html

http://archive.is/byJa6

posted by BNJ at 13:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: