2016年10月13日

京都)「見守り隊長」は九官鳥のキューちゃん【朝日新聞デジタル2016年10月13日】

【動画】九官鳥が「見守り隊長」 京都・八幡の小学校=小山琢撮影

登校してキューちゃんに声をかける児童たち=八幡市立さくら小学校
 八幡市立さくら小学校(児童数418人)の校門で、九官鳥の「キューちゃん」が、登校する児童らの「見守り隊長」を務めている。全国地域安全運動(11〜20日)にあわせ、八幡署が企画した。2カ月以上かけて、署員らが「110番してね」などの言葉をキューちゃんに教えた。さて、その成果は――。

 12日朝、パトカーをイメージした木枠に乗せられたキューちゃんの鳥かごが正門前に置かれた。子どもたちが「おはよう」と声をかけていく。「いかのおすし」、と前日の防犯教室で習った、「行かない」「乗らない」などの約束事をまとめた合言葉を話しかける児童もいた。キューちゃんは……「おはよう」「コケコッコー」。

 キューちゃんは、同校の隣にある、市の「こども動物園」の入り口で来園者を出迎える人気者だ。今回の活動を発案した同署生活安全課の向日路孝祥係長(当時)が、丸山史則巡査部長らと7月末から同園に通って教え込んだ。

 かごの前で「キューちゃん、110番」「いかのおすし」などと根気強く話しかける。週2〜4回、のべ30回近く通ったという。向日路さんは休日も、子どもを連れて特訓に出向いた。

 残念ながらキューちゃんはこの言葉を覚えるまでには至らず、向日路さんは運動初日の11日付で府警本部へ異動になった。向日路さんは異動先で、「子どもたちがあいさつしている姿が目に浮かびます。見守ってくれている地域の人たちへのあいさつを習慣にし、それが防犯につながることがねらい。そのきっかけになれば。休日、またキューちゃんに会いに行きます」と話した。(小山琢)
http://www.asahi.com/articles/ASJBD31R6JBDPLZB002.html

http://archive.is/ue3XV

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: