2016年10月17日

プラスチック製の鳥と恋に落ちたコウノトリ、南に飛んでいかず【SPUTNIK2016年10月16日】

ベラルーシで、プラスチック製の模型を本物のコウノトリと間違えて南に飛ぶことを拒否したコウノトリが救出された。

c 写真: EDWARD KOPESCHN / BARCROFT IMAGES 野生生物たちのおもしろ写真−笑ってください! 18 若いコウノトリはゴメリ州ラドゥガ村の幼稚園の近くにひと月以上住んでいた。地域住民によると、コウノトリは巣から遅れて取り出された。そのため暖かい地方に他の鳥とともに飛ぶことができなかった。模型を見つけそれとともに住んだ。寒の到来で死んでしまう危機となった。 Life.Ruよると、最終的にはコウノトリは捕獲され、今は他の鳥に囲まれ、暖かい納屋に住んでいる。 「専門家に相談したうえで言われたのは、家禽と一緒の環境で良好な気分であり、食べ物にもうるさくない」とある地元住民。 先に伝えられたところ、ナイロビにあるゾウとサイの孤児院「デビッド・シェルドリック野生動物信託基金(DSWT)」には、自分をゾウだと考えているダチョウがすんでいる。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201610172908116/

http://archive.is/yGX31

posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: