2016年10月21日

写真展 野鳥の魅力たっぷり 仲間5人、福智山ろく花公園で /福岡【毎日新聞2016年10月21日】(既報1ソース)

野鳥の決定的瞬間を捉えた写真展
 野鳥好き、写真好きの仲間5人の写真展が直方市永満寺の福智山ろく花公園で開かれている。27日まで。

 5人は同市の横田広隆さん、尾仲一顕さん、久留米市の清水恵弘さん、甲斐恵子さん、遠賀町の近松伸二さん。50〜70代で、自分の作品を自慢し合ううち、一緒に撮影旅行に出掛けるようになった。

 会場には、日本で初めて観察されたというインドアカガシラサギや餌を捕らえて川面を飛び立つカワセミ、子育て中のカイツブリ、子亀をくわえたアカショウビンなど、野鳥の決定的瞬間を写した約80枚が並ぶ。撮影地は、直方近郊をはじめ鹿児島県奄美大島や佐賀、長崎、島根県など。

 尾仲さんは「野鳥の写真には動きがあり、野鳥を通して季節の移ろいを感じることもできる」と魅力を話す。入園料大人300円、小中高校生100円。【武内靖広】

〔筑豊版〕
http://mainichi.jp/articles/20161021/ddl/k40/040/440000c

野鳥愛好家5人が写真展 日本や海外で撮影の75点 直方市 [福岡県]【西日本新聞2016年10月19日】
野鳥写真展を開いているメンバーの清水恵弘さん(左)と近松伸二さん

 直方市永満寺の福智山ろく花公園の研修室で、野鳥の愛好家5人が初の野鳥写真展「好き者5人展」を開いている。日本各地や海外で撮った自慢の写真75点を展示している。27日まで。

 5人は直方市や遠賀町、久留米市在住の40〜70代。野鳥の撮影現場で出会って意気投合し「自分たちだけで楽しむのはもったいない」と写真展を企画した。

 展示しているのは、A4判サイズのカラー写真。沖縄県石垣島で飛び立つ瞬間のカンムリワシ、遠賀川で魚を捕らえたミサゴなどのほか、インドやパキスタンなどに生息し、日本で観察されたのは初めてではないかと注目されたインドアカガシラサギ(清水恵弘さん撮影)、近松伸二さんがカナダで撮ったウィルソンアメリカムシクイの写真もある。

 メンバーの横田広隆さんは「子育てや家族を守ることは、人間も鳥も変わらない。もっと野鳥に興味を持ち、愛してもらいたい」という。入園料は大人300円、小中高生100円。

=2016/10/19付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/282835

http://archive.is/y6uof
http://archive.is/euLII

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: