2016年10月20日

【探鳥】クロハラアジサシ(黒腹鰺刺) 飛び立つ一瞬【東京新聞2016年10月20日】

 埼玉県川越市の伊佐沼で9月下旬、棒くいの上から飛び立つクロハラアジサシ。翼を伸ばした一瞬が印象的だ。成鳥夏羽は頭と腹が黒いが、幼鳥と冬羽は白い。5羽がひらひらと飛びながら、水面をくちばしですくい上げるようにして小魚などを捕っていた。
 旅鳥で初夏と秋に渡来するカモメ科。数は少ない。伊佐沼ではほぼ毎年、観察される。全長25センチ。沼は8月にレンカク、9月にサルハマシギの珍客が訪れ話題の探鳥地に。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016102002000172.html

http://archive.is/1xT6D

posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: