2016年10月22日

ハクチョウ 朝日浴び美しく 新潟・瓢湖【毎日新聞2016年10月22日】

朝もやの中、飛び立つハクチョウ=新潟県阿賀野市で2016年10月16日、小川昌宏撮影
 新潟県阿賀野市の瓢湖(ひょうこ)に、ハクチョウが越冬のため、飛来している。夜が明けるころ「コオー、コオー」と声を響かせながら、朝日を浴びたハクチョウが美しい姿を見せている。

【美しき冬の使者 瓢湖のハクチョウ写真特集】
 瓢湖は2008年にラムサール条約に登録された約8ヘクタールの人工のため池。60年以上前からオオハクチョウやコハクチョウがねぐらにしている。

 瓢湖管理事務所によると、今年は今月5日に7羽が飛来した。まだ暖かい日が多く、21日朝の時点で約1700羽と例年より少ないが、11月中旬までに約6000羽が訪れる。来年3月にロシア・シベリアに戻る。【小川昌宏】
http://mainichi.jp/articles/20161022/k00/00e/040/196000c

http://archive.is/i1mlR
「冬の使者」ハクチョウ各地に 阿賀野・瓢湖 今季初飛来【新潟日報モア2016年10月6日】

posted by BNJ at 12:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: