2016年10月26日

JR東海、環境保全計画を提出 リニア工事で大鹿村と県に【中日新聞2016年10月26日】

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル新設(長野工区)工事と、大鹿村内の発生土仮置き場計画地三カ所について、JR東海は二十五日、県と大鹿村に、環境保全措置などをまとめた資料を提出。自社ホームページ上に公開した。

 環境影響評価(アセスメント)書に基づき、大気や水、動植物などの環境要素ごとの保全措置の方法を記載。工事計画がまとまってきたとして、措置対象の工事箇所も載せた。今後実施する事後調査やモニタリングについては、場所と頻度を記述した。

 大鹿村民を対象とした九、十月の説明会で既に発表した内容以外には、植物の保護に関する措置を新たに盛り込んだ。希少種の生息場所をできるだけ回避して工事施設やヤードを設計し、影響の低減措置をとる。どうしても回避できなかった場合は、工事前に移植などをするとしている。

 具体的な回避場所や種は、希少種保護のため公開した資料では省いた。

 (服部桃)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161026/CK2016102602000009.html

http://megalodon.jp/2016-1026-2337-47/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161026/CK2016102602000009.html
南アに54の重要種 静岡市、リニア工事予定地調査公表【静岡新聞アットエス2016年7月28日】
JR東海が動植物や水資源調査結果公表 リニア環境アセス【中日新聞2016年6月29日】(ノスリ/オオタカ/クマタカ)
オオタカ生息調査へ リニア駅アクセス道、区間決定見送り【中日新聞2015年3月17日】
オオタカが生息 中津川市、リニアアクセス道の計画地付近 【岐阜新聞web 2014年11月23日】
リニア環境評価書、工事残土活用7割めど 山梨県知事「おおむね対応」【産経ニュース2014年8月28日】

posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: