2016年10月27日

家畜と触れ合い、乳搾りの体験も 「つどい」に2千人【神奈川新聞2016年10月27日】(ニワトリ)

子どもたちが牛の乳搾りも体験 (県畜産振興会提供)
 牛や豚、鶏などの家畜と触れ合えるイベント「家畜に親しむつどい」が23日、海老名市本郷の畜産技術センター、県央家畜保健衛生所などで開かれた。

 関連する県内の生産団体が畜産に対する理解を深め、消費拡大を図るために施設を公開して毎年度開催。今回は親子連れら約2千人が訪れた。

 子どもたちを対象とした牛の乳搾りや餌やり体験、来年の干(え)支(と)・鶏との記念撮影会が開かれたほか、子豚と触れ合って一緒に遊べるコーナーも設けられた。また、牛乳や卵など地元畜産物の販売が人気を集めていた。
http://www.kanaloco.jp/article/208401/

http://archive.is/63PmT

タグ:ニワトリ
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: