2016年10月31日

タンチョウ落ち穂拾い 畑に野鳥続々【どうしんウェブ2016年10月31日】

動画はこちらから

タンチョウやオオハクチョウが集まり、にぎやかなデントコーン畑=釧路管内鶴居村下久著呂(金本綾子撮影)
 【鶴居】国の特別天然記念物タンチョウが餌を求めて、今年も釧路管内鶴居村の畑に姿を見せている。越冬地へ移動途中の渡り鳥も続々と飛来し、村内には野鳥の声が響いている。

 鶴居村下久著呂(しもくちょろ)の収穫後のデントコーン(飼料用トウモロコシ)畑では、朝日が昇るにつれて地表を覆っていた霧が晴れ、タンチョウやオオハクチョウ、オオヒシクイなどが次々と降り立ち、刈り取りで落ちた実をついばみ始めた。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0333065.html

http://archive.is/QshEy

posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: