2016年11月04日

勇払原野は世界に誇る自然環境 日本野鳥の会・柳生会長に聞く【苫小牧民報2016年11月4日】(既報1ソース)

ウトナイ湖や勇払原野への思いを語る柳生博会長
 苫小牧東部地域などに残る自然豊かな勇払原野の湿地をラムサール条約湿地にすることを目指す日本野鳥の会。3日の記念シンポジウムに出席した柳生博会長に、勇払原野やウトナイ湖への思いを聞いた。

 ―勇払原野の自然環境をどう評価するか

 いろんな地域を見て歩いてきたが、勇払原野のように手つかずの自然と産業が共存している場所は他にない。日本で唯一の風景だ。広大な原野の中に工場や火力発電所などの産業施設があり、人と生物の営みが共鳴し合っている。これは世界に誇る自然環境だ。

 ―勇払原野はどうあるべきか

 勇払原野は今後も自然と人間、産業の「共鳴、共存」を目指すべきだ。開発は、人間が自然に対して悪いことをしているイメージがあるが、それは違う。無制限な開発ではなく、セルフコントロールしながら進めていかなければならない。そのために、これからは環境のデザインをみんなで考えることが大切。行政や学者、企業、市民がどのような環境を目指すかを一緒になって考える。苫小牧の人々にはもっと勇払原野の大切さを感じてほしい。

―ウトナイ湖への思いは

 ウトナイ湖は、日本野鳥の会が開設した国内第1号のサンクチュアリ(野鳥の聖域)。会の原点はウトナイ湖であり、そして苫小牧に育てられた組織だ。これからもここを環境保護の拠点の一つとして歩んでいく。勇払原野のラムサール条約登録湿地を目指し、湿地の生態系の維持とともにワイズユース(賢明な利用)について考えていきたい。
http://www.tomamin.co.jp/20161144339

柳生博・野鳥の会会長、勇払原野視察【朝日新聞デジタル2016年11月4日】
勇払原野を視察する日本野鳥の会の柳生博会長=苫小牧市
■「自然と産業『共鳴』、すばらしい」

 日本野鳥の会の柳生博会長(79)が2日、苫小牧市の勇払原野を視察した。また、岩倉博文市長を表敬訪問し、「勇払原野は自然と産業が『共鳴』していてすばらしい。ぜひ、ラムサール条約登録湿地に」と提案した。

 柳生氏はこの日、苫小牧東部開発地域(苫東)の中で原野の姿を今に残す地域を巡った。上空を舞うチュウヒ、オオタカなどの猛きん類を目の当たりにし、「自然豊かな原野の向こうに火力発電所の煙突が見える。産業都市の中にある豊かな自然は何物にも代えがたい」と語った。

 柳生氏が巡った地域は、安平川の治水のための遊水池(約950ヘクタール)に指定され、開発はできない。苫小牧市のウトナイ湖とその周辺は、渡り鳥の重要な中継地としてラムサール条約登録湿地になっているが、遊水池に指定された原野でも貴重な鳥類が数多く確認されている。

 (深沢博)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1611040100001.html

http://archive.is/R3NVT
http://archive.is/vPjcA
安平川下流に遊水地 弁天沼含む湿地帯950ヘクタール【苫小牧民報2016年11月3日】

posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: