2016年11月24日

“とり年”控え、鳥たち躍動 那須どうぶつ王国【下野新聞SOON2016年11月24日】(既報1ソース)

 【那須】大島の那須どうぶつ王国で、来年のえとにちなみ、鳥たちが躍動している。ミミズクやコンドルなどが目の前を羽ばたくバードパフォーマンスショーには連日多くの来園者が訪れ、米国の国鳥「ハクトウワシ」との期間限定の記念撮影は年賀状に写真が使えると好評だ。

 ハクトウワシは北米大陸の沿岸部に分布する大型のワシで、白い頭部が特徴。羽を広げた長さは約2メートルに及ぶ。同園には体長92センチの雄「ウィンティー」(7歳)が飼育されている。

 王国ファームイベント広場で開催されるバードショーには、ハクトウワシや鋭い嗅覚を持つヒメコンドル、タカやミミズクの仲間などが登場。同園は鳥を屋外でフリーフライトさせる国内唯一の施設で、ダイナミックに羽ばたく様子が間近で見られることもあり、来園者の人気を集めている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161124/2518021

栃木)年賀状用にトリと撮る? 那須どうぶつ王国【朝日新聞デジタル2016年11月6日】
来年の干支(えと)にちなみ、ハクトウワシと記念撮影する来場者=那須どうぶつ王国

 来年は酉(とり)年、年賀状用の写真にいかが――。那須町大島の那須どうぶつ王国で、来年の干支(えと)トリにちなみ、ハクトウワシと一緒に記念撮影ができるイベントが始まった。干支がらみの生き物との撮影は同園の恒例行事だ。

 ハクトウワシは翼を広げると2メートルにもなる猛禽(もうきん)類で、米国の国鳥でもある。同園にいるのは7歳のオス、ウィンティ君。記念撮影は無料で、バードパフォーマンスショーの後に飼育係の指示のもと、一緒に撮影ができる。

 4日は横浜から来た自営業八木橋知也さん(33)、良美さん(30)夫妻らがウィンティ君とカメラに収まった。良美さんは「年賀状に使いたい。ショーもダイナミックで、迫力があった」と話した。

 天候などによって、一緒に撮影できる鳥が変わることもある。ショーは平日は正午から、土日祝日は午後2時半からそれぞれ30分程度あり、撮影はその後にできる。冬季の営業に入る来月4日までは雨天を除き、イベント広場などで開催する。問い合わせは同園(0287・77・1110)へ。(矢鳴雄介)
http://www.asahi.com/articles/ASJC45T25JC4UUHB009.html

http://archive.is/LYt9X
http://archive.is/NeYmG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: