2016年11月17日

鳥インフル、県内新たな異常なし 大森山動物園は消毒作業【秋田魁新報2016年11月17日】

エミューの飼育舎を消毒する大森山動物園の職員=16日午前10時半ごろ
 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)で、コクチョウの死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が確認されて一夜明けた16日、臨時休園となった同園では鳥類の簡易検査や園内の消毒作業に追われた。県は養鶏農家ら計160戸に聞き取りを行い、現時点では鶏に異常がないとの報告を受けたほか、雄物川河口などを巡視して野鳥の死骸がないことを確認した。

 普段、親子連れらでにぎわう園内は、朝から職員が作業車の通用門に消毒用の石灰をまいた。エミューやフラミンゴなど鳥類の飼育舎には、タンクを積んだ軽トラックで消毒薬を噴霧。餌やりなどで飼育舎を出入りする職員は小まめに長靴を消毒していた。
http://www.sakigake.jp/news/article/20161117AK0004/

http://archive.is/REpqo
「隔離していたのに」 大森山動物園、影響拡大に危機感【秋田魁新報2016年11月16日】
<鳥インフル>大森山動物園コクチョウ陽性【河北新報オンラインニュース2016年11月16日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: