2016年11月18日

鳥取)飛行船に驚いた? コハクチョウ離れず 水鳥公園【朝日新聞デジタル2016年11月18日】

日中に米子水鳥公園に舞い降りたコハクチョウの群れ。上空に飛行船が見える=16日、米子市彦名新田、同公園提供
 コハクチョウの越冬地・米子水鳥公園(米子市)で、いつもは餌を探しに出ている昼間もコハクチョウが園内にとどまる状態が続いている。餌場がある隣の島根県安来市で16日から離着陸している飛行船に驚いているらしい。公園側は市有地を貸している同市に配慮を求めた。

 公園によると、16日午後2時半ごろ、約250羽のコハクチョウが次々と園内のつばさ池に降り立った。集団で鳴き声を上げ、興奮しているような様子だったため、来園者らが気づき、空を見ると飛行船が飛んでいた。同日夕には昨季の最多の408羽を上回る510羽以上が飛来。17日の日中も約300羽が園内にとどまっていた。

 安来市によると、飛行船は東京の生命保険会社が企業PRのため、運航会社に委託して飛行させている国内唯一の有人飛行船(全長約39メートル)。16〜24日、市が貸した市有地を離着陸し、飛行する。19日にある市主催の催しでは見学会もある。渡り鳥の飛来は事前に説明していたが、今回改めて配慮を求めたという。

 ログイン前の続き保険会社は取材に対し、「公園の周辺を避けるなど影響がないよう配慮し、飛行を楽しんでもらえるように努める」としている。

 公園の桐原佳介・主任指導員は「普段の生活ができない鳥たちが痛々しい。一日も早く落ち着けるよう願っている」と話した。(杉山匡史)
http://www.asahi.com/articles/ASJCK5GR3JCKPUUB00K.html


鳥取)米子水鳥公園 開園20年祝う【朝日新聞デジタル2015年10月23日】(花火)
花火「コハクチョウ驚く」 野鳥の会が中止要望【日本海新聞2015年12月19日】

posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: