2016年11月18日

ニュース交差点 地域 ソデグロヅルが北海道に飛来 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年11月18日】

 国際自然保護連合こくさいしぜんほごれんごう(IUCN)が絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅに指定していするソデグロヅル3羽わが北海道鶴居村ほっかいどうつるいむらに飛来ひらいし、国くにの特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつ・タンチョウとえさをついばむ姿すがたが確認かくにんされました。釧路市くしろしの団体だんたい「タンチョウ保護研究ほごけんきゅうグループ」によると、北海道ほっかいどうに飛とんでくるのは珍めずらしいそうです。

 ソデグロヅルは、タンチョウよりやや小ちいさく、翼つばさの先さきが黒くろいのが特徴とくちょうです。シベリアで繁殖はんしょくし、中国ちゅうごくの東部とうぶで冬ふゆを越こします。生息数せいそくすうは約やく3800羽わとされ、年々減少ねんねんげんしょうしています。3羽わは昨年生さくねんうまれの2羽わと今年生ことしうまれの幼鳥ようちょうとみられます。
http://mainichi.jp/articles/20161118/kei/00s/00s/012000c

http://archive.is/7aLNs
ソデグロヅル、鶴居に3羽飛来 世界で3800羽の希少種【どうしんウェブ2016年11月16日】

posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: