2016年11月18日

ツル越冬地で強い毒性の鳥インフルエンザウイルス検出 鹿児島【NHKニュース2016年11月18日】(H5N6型/他5ソース)

国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で、ツルがねぐらにしている水田の水から強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルスが検出されました。鹿児島県によりますと、ツルなどの野鳥や周辺の養鶏場で感染が疑われる事例は今のところ報告されていませんが、県などが監視を強化しています。
鹿児島県によりますと今月14日、出水市の出水平野でツルがねぐらにしている水田で採取された水を鹿児島大学が検査したところ、18日、強い毒性を持つH5N6亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。
今シーズン、強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは全国で初めてです。

鹿児島県によりますと、今のところツルなどの野鳥や周辺の養鶏場などで感染が疑われる事例は報告されていませんが、環境省は水が採取された場所から半径10キロを野鳥の監視を強化する区域に指定したほか、鹿児島県も19日から半径3キロ以内の養鶏場でニワトリに異常がないか調査することにしています。

出水平野は毎年1万羽を超えるツルが飛来する国内最大の越冬地で、2年前の冬にもツルなどの野鳥から毒性の強い鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010774521000.html

鹿児島県出水市で鳥インフル=ツルねぐらの水から検出−環境省【時事ドットコム2016年11月18日】
 環境省は18日、鹿児島県出水市で採取されたツルのねぐらの水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。検出は今季初めて。
 鹿児島大学と出水市が定期的に調査していて、14日の採取分から検出された。ここをねぐらにしているナベヅルやマナヅルなどに、異常は見つかっていないという。
 同省は半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定して野鳥の監視を強化するほか、専門家による野鳥緊急調査チームを現地に派遣する。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111800696&g=soc

鳥インフル ツルの越冬地、出水で検出 鹿児島【毎日新聞2016年11月18日】
 鹿児島県は18日、国内最大のツルの越冬地・出水(いずみ)市の鳥獣保護区に設置したツルのねぐらで採取した水を確定検査した結果、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。高病原性鳥インフルエンザの国内での検出は今季初。

 環境省は同日、ねぐらから半径10キロ以内を野鳥監視重点区域に指定した。県は18日、ねぐらがある地区と隣接地区で死んだナベヅル計2羽を回収したが、簡易検査でいずれも陰性だったという。19日にはウイルスが検出されたねぐらから半径3キロ以内の養鶏場に立ち入り検査し、消毒用の石灰を配布する予定。

 ねぐらは、ツルが越冬できるよう保護区域内に人工的に水を張って設置しているが、他の野鳥も利用する。水は毎シーズン、出水市と鹿児島大が定期的に採取して調査している。【杣谷健太】
http://mainichi.jp/articles/20161119/k00/00m/040/095000c

鹿児島で鳥フルウィルス検出 感染は確認されず【Miyanichi e-press2016年11月18日】
 鹿児島県は18日、同県出水市のツルのねぐらで採取した水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥や養鶏などへの感染は確認されていない。


 今月14日に回収した水から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、鹿児島大で確定検査を実施。その結果、18日に高病原性であることが判明したという。


 環境省は同日、周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定したほか、野鳥緊急調査チームを派遣する準備を始めた。19日からは県や出水市とともに周辺の野鳥に異変がないかどうかを監視する。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22730.html

鹿児島で鳥インフルエンザ 高病原性、養鶏に感染なし【共同通信2016年11月18日】
 鹿児島県は18日、同県出水市のツルのねぐらで採取した水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥や養鶏などへの感染は確認されていない。

 今月14日に回収した水から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、鹿児島大で確定検査を実施。その結果、18日に高病原性であることが判明したという。

 環境省は同日、周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定したほか、野鳥緊急調査チームを派遣する準備を始めた。19日からは県や出水市とともに周辺の野鳥に異変がないかどうかを監視する。
http://this.kiji.is/172274673911463938

鹿児島県で鳥インフルエンザウイルス確認 出水市のツルのねぐらの採取水か【西日本新聞2016年11月18日】
 鹿児島県は18日、同県出水市のツルのねぐらで採取した水から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。野鳥や養鶏などへの感染は確認されていない。
http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/290082

http://archive.is/PDX6O
http://archive.is/8IBnE
http://archive.is/TvS5e
http://archive.is/LBNRF
http://archive.is/oNJp2
http://archive.is/IU1Hz
秋田で鳥インフル、仙台でフラミンゴの展示休止【読売新聞2016年11月18日】
コクチョウ新たに1羽死ぬ 大森山動物園、鳥類の一部殺処分【秋田魁新報2016年11月18日】
中標津で鳥インフルか オオハクチョウ陽性 確定検査へ【どうしんウェブ2016年11月15日】

posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: