2016年11月18日

ライチョウ生息地にイノシシ 生態系への影響懸念【NHKニュース2016年11月18日】

絶滅のおそれがあるライチョウの生息域の北限、新潟県の火打山の山頂付近で、イノシシの姿が初めて映像にとらえられました。専門家はライチョウの餌となる高山植物を食い荒らし、生態系への影響が懸念されると指摘しています。
新潟県の妙高市と糸魚川市にまたがる火打山は標高が2462メートルあり、ライチョウの生息域の北限になっています。
一方で、近年の積雪量の減少などによってイノシシなどの生息範囲が広がり、専門家は、ライチョウの餌となる高山植物が食い荒らされるのではないか懸念しています。

こうした中、民間の研究者が、山頂付近に国の許可を得て25台の小型カメラを設置し、ことし8月から3か月間、実態を調べました。
その結果、イノシシが群れで歩いたりカメラに鼻をすりつけたりする姿が3回にわたり写っていました。
環境省によりますと、火打山の標高2000メートル以上でイノシシが撮影されたのは初めてだということです。

撮影したライチョウ研究者の長野康之さんは「貴重な小さな生息地だからこそ早急に対策を立てないと、取り返しのつかないことになってしまう」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773361000.html

http://archive.is/rLtbo
ライチョウ 天敵捕獲へ 環境省、南ア北岳周辺で試行 来年度にも /山梨【毎日新聞2016年11月17日】

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: