2016年11月19日

23、27日のイベント中止、大森山動物園 新たな異常なし【秋田魁新報2016年11月19日】

 飼育していたコクチョウ2羽の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを受け、休園中の秋田市浜田の大森山動物園は18日、来場者への影響を配慮し、今月下旬に予定していたイベントの中止を決めた。県は周辺をパトロールし、新たな異常がないことを確認した。

 死んだ2羽については、北海道大でウイルスの有無や高病原性かどうかを調べる確定検査を実施中。結果が出るまで休園する方針だが、23日の「チンパンジーJ太郎の誕生会」と27日の「さよなら感謝祭2016」は中止する。
http://www.sakigake.jp/news/article/20161119AK0003/

http://archive.is/G2zWE
秋田で鳥インフル、仙台でフラミンゴの展示休止【読売新聞2016年11月18日】
<鳥インフル>渡り鳥のふんから感染か【河北新報オンラインニュース2016年11月18日】
コクチョウ新たに1羽死ぬ 大森山動物園、鳥類の一部殺処分【秋田魁新報2016年11月18日】
小松園長「殺処分、苦渋の選択」 鳥インフル、感染濃厚と判断【秋田魁新報2016年11月18日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: