2016年11月22日

鳥インフルエンザ 県が防疫徹底呼びかけ 国、警戒レベル引き上げ /宮崎【毎日新聞2016年11月22日】

 環境省が高病原性の鳥インフルエンザウイルスへの警戒レベルを最も高い「3」に引き上げた21日、県も同日から養鶏農家約1000戸に対し防疫対策を徹底するよう呼びかけを始めた。

 同ウイルスは、秋田市ではコクチョウ、鳥取市ではコガモのフンから検出。18日には鹿児島県出水市でツルのねぐらから取った水から検出が確認されている。

 鹿児島の検出を受けて県は、県内3カ所にある家畜保健衛生所の職員が県内約1000カ所の養鶏農家に電話で「野鳥が鶏舎に侵入しないようにネットが破れていないかチェックしてほしい」「鶏舎に出入りする際には履物をかえるなどウイルスを持ち込まない対策を徹底してほしい」などと注意喚起を始めた。【宮原健太】
http://mainichi.jp/articles/20161122/ddl/k45/040/278000c

県内、鳥フルに厳戒 隣県や周辺国で発生【Miyanichi e-press宮崎日日新聞2016年11月20日】
 渡り鳥の飛来シーズンを迎え、県内の養鶏関係者が高病原性鳥インフルエンザへの警戒を強めている。周辺国などでは既に複数の発生が確認されているほか、国内でも野鳥から鳥インフルエンザの陽性反応が出る事例が続出し、県は「最大限の警戒が必要」と呼び掛け。生産者は「絶対に発生させない」と懸命に防疫作業に当たり、専門家は「通常の防疫に加え、野生動物への対策を」と指摘する。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22765.html

http://archive.is/f3hHG
http://archive.is/eRgiS

posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: